• Eir 千葉

パンチ力上げる為に必要な身体機能とトレーニング

「パンチ力をもっと上げたい」

「KOできるようになりたい」

「キレを高めたい」

ボクシング・キックボクシング・総合格闘技など、格闘技をやっている人であればプロ・アマ問わず思うことではないでしょうか?



そう思った時にどんなトレーニングをしてば良いのか?という部分が悩む所だと思います。

そこで今回はパンチ力に必要な身体機能とトレーニングというテーマでお話したいと思います。



闘技に必要なパンチ力の機能とトレーニング



スピード&パワー(神経系)

→strength,explosive

連動性(上半身と下半身)

→mobility,kinetick chain

インパクトの瞬間の固定力

→core anti-rotation,isometric

対人反応

→coordination

細かいことを言えばもっとありますし、各項目で機能が被っている部分ももちろんありますがこのような要素が必要になります。

また、個人によっても得意不得意な要素は違います。


自分自身はどの要素は長けていてどの要素は伸び代があるのか?

それらを考えてトレーニングを組み立てて行くのがパフォーマンスアップへの近道になります。

簡単に言うと理想は「強さ、しなやかさ、巧さの融合」です。

「全部かよ!」

っていう声が聞こえますが、そうなんです。やはり理想は全部なんです。


格闘技に限らずスポーツ界のトップアスリートと呼ばれるポジションにいる選手は全ての項目が並レベルのアスリートに比べて圧倒的に平均値が高く、更にその選手ならではの突き抜けた個性を持っています。

なのでパフォーマンスを上げていくならこの3つは必須になります。

今までも色んな格闘家のトレーニング指導をしてきましたが、多くの場合「巧いけど強くない」か、「強いけど巧くない」のどちらかに偏っていることが多いです。

そのような場合、ある程度のレベルまで行くと壁に当たります。


前述した通り、自分自身はどの要素は長けていてどの要素は伸び代があるのか?というのを整理してみると取り組むべきものが見えてくると思います。



Eirでのアプローチ・トレーニング例


①身体・動きの現状をチェック


②得意と苦手を整理し、オーダーメイドのトレーニング構築


③自重、道具を織り交ぜながら最適なトレーニングを実践


という流れで行っていきます。


<トレーニング例>






・パンチ力をもっと上げたい方

・KOできるようになりたい方

・パンチのキレを高めたい方

・格闘技のパフォーマンスを上げたい方


ぜひEirでお待ちしております。

閲覧数:27回0件のコメント