• Eir 千葉

あなたの感じているそのストレスは、姿勢の影響かも?

こんにちは!Eir千葉の萩です!



猫背や反り腰のような不良姿勢は、肩こりや腰痛だけでなくストレスの感じやすさとも関係しているのをご存じでしょうか?






結論から言うと姿勢が良くなるだけで、


ストレスが大きい状況でも自信を保ち、ネガティブな感情を減らし、前向きな気持ちを高めることができる


と言われています。



2015年にニュージーランドのオークランド大学がこんな研究をしたそうです。



74名の男女を以下の2グループにわけ、次のようなことを行いました。



Aグループ:猫背の状態をキープしたまま、面接官の前で5分のスピーチと暗算テストを行う


Bグループ:背筋を伸ばしたまま、面接官の前で5分のスピーチと暗算テストを行う


その後で全員に心理チェック・血圧・心拍数などを計測したところ、


背筋を伸ばしたBグループは、


・より自信を持ってスピーチできた

・集中力が持続していた

・スピーチの内容もポジティブだった

・全体的にストレスレベルが低かった


このような傾向がハッキリ出たようです。



実際に姿勢が悪くなると自律神経の働きが低下し、呼吸も浅くなります。

その結果としてメンタル面に影響しているのだと考えられます。



ではどんな姿勢だと良いのか?

簡単に作ってみましょう。



・リラックスした状態で肩を落とす

・両方の腕をねじって両の手の平を外側に向ける

・自動的に肩甲骨が締まって胸を張った姿勢になる

・その状態で、ねじった腕を元に戻す



こうすると猫背と反対の姿勢になり、自然と肩が引けて胸が張った姿勢がとれると思います。

ただ腰をグッと反らしてしまわないように注意してください。



ただ一番の悩みとしては、いくら意識して良い姿勢を作っても、関節や筋肉が硬くなってしまったり、左右のバランスが悪くなってしまうとすぐに元に戻ってしまいます。



Eir千葉ではあなたのお身体を細かく分析し、歪みを整え、どのようなことを普段からしていくと良いかというホームエクササイズの指導も行っています。



姿勢にお悩みをお持ちの方、ぜひ一度お気軽にお越しください^^



<追伸>

ホットペッパービューティ―にご新規様がお得になるクーポンを掲載しております!

ぜひ一度こちらもご覧ください。




閲覧数:7回0件のコメント